美白効果〜メラニンの作用

だれでも透き通るような美白肌にはあこがれますよね。トマトにはこのような美白肌をサポートする機能が備わっているんです。

 

では、そのようなトマトの美白効果とはどういったものでしょうか?トマトの美白効果を解説する前に、まず肌を脅かす紫外線とメラニンの関係とメラニンが皮膚に及ぼす影響について説明したいと思います。

 

メラニンは、「くすみ」や「しみ」の原因となります。「くすみ」は皮膚中のメラニンの生成が多少増えた状態で、「しみ」はさらにメラニンが増えた状態です。つまりメラニンが増加することにより、「しみ」や「くすみ」が増えたお肌になり、美白肌から遠ざかってしまうのです。

 

しかしメラニンには上記のように美白美肌にとって大敵なのですが、

 

一方で人間を紫外線から守る働きもあります。

 

太陽の下、人間は活動しますと、紫外線に皮膚をさらすことになります。その結果、紫外線にさらされた皮膚に活性酸素が発生します。

 

活性酸素はがんの原因になったり、老化を早めたりといろいろ弊害を体に及ぼします。日光を浴びすぎると皮膚がんになるとよく言われていますよね。あれもこの活性酸素の仕業なのです。

 

そして、この活性酸素から体を守るべく、人間は、メラニンの生成に必要な「チロシナーゼ」を作りだします。そしてこのチロシナーゼが活性化してメラニンを生成します。

 

こうして生まれたメラニンは紫外線を吸収し、紫外線から人間を守るのと同時に、紫外線によって皮膚中にできた活性酸素を無効化する機能を発揮します。

リコピンの美白作用

メラニンは、くすみやシミの原因になり美白にとって大敵である一方、紫外線を吸収し、皮膚中の活性酸素を取り除くというなくてはならない効果を発揮します。

 

ではトマトはいかにして美白肌に貢献してくれるのでしょうか?

 

やっぱり活躍してくれるのはトマトの成分リコピンです。

 

摂取されたリコピンの一部は、皮膚の組織に蓄積され、紫外線によって皮膚中で発生した活性酸素を無効化してくれる働きがあるのです。

 

そして活性酸素が、そもそも減っているのだから、それを撃退するためのメラニンを作る酵素「チロジナーゼ」を作り出す必要も少なくなり、よってメラニンの発生量が減ります。

 

その結果、メラニンが減れば肌が黒ずむくすみやシミがなくなり、きれいな美肌になれるというわけです。

 

だから、メラニンを減らして、美白になっても体に悪いという心配はないわけです。そもそもメラニンを作らなくてはならない状態を緩和してくれるのがトマトの美白効果なのです。

 

もちろん、トマトの効果以上の紫外線をあびると当然にメラニンが生成され、くすみやシミになります。美白美肌を作るポイントはまず第一に紫外線に気をつけることですね。

 

そういった基本的なケアをしたうえでトマトを摂取するならばお肌に良い結果に導いてくれそうですね。

 

美白美肌に興味がある方はぜひ積極的にトマトを生活に取り入れてくださいね。

 

 生活習慣病予防へ(続きを読む)

 

 

美肌リンク

炭酸化粧水ランキング
炭酸は肌の新陳代謝を活発化して肌を内側からきれいにします。そんな炭酸をたっぷり詰め込んだ化粧水が炭酸化粧水!トマトと一緒に使えばより効果アップかも。

※当サイトはリンクフリーです。
当記事がお役立ちいただけましたらツイッター等で紹介お願いします。
↓↓↓↓↓
 

美白効果〜トマトの効果関連ページ

トマトの栄養素
トマトの栄養素を紹介します。トマトにはリコピンを始めビタミンやミネラルが豊富に含まれています。トマトが健康にいい理由がここにあるのです。
リコピンとは
トマト成分の代表選手リコピンをもっと効果的にとるためには?トマトの効果を引き出すための方法を解説します。
ダイエット効果
ダイエットに効果があるというトマトの成分をピックアップして解説します!トマトダイエットがなぜ効くか、その秘密に迫ります。
美肌効果
トマトのすごい効果を紹介します。トマトの美肌効果について解説します。
生活習慣病予防
トマトには生活習慣病を予防する働きがあります。そのようなトマトの効果を紹介します。