鶏肉を使った色鮮やかなロールキャベツ

トマト・野菜ジュースを使った料理の特集です。
ジュースは簡単に料理に合わせることができるのでぜひ試してみてください。

 

記事内で使われているジュースはカゴメの「毎日飲む野菜」です。

 

「子どもや夫はともかく、ひき肉たっぷりのロールキャベツは胃に重い」
そう考える人も多いはずです。

 

そこでここでは、もう少しヘルシーに、もう少し軽く食べられる、鶏肉を使った色鮮やかなロールキャベツを紹介します!

材料と作り方
  • カゴメの「毎日飲む野菜」1缶
  • 玉ねぎ1/2個 
  • 鶏肉100g
  • キャベツ1枚 
  • コンソメ1個
  • 水100cc
  • 塩コショウお好みで

 

野菜を傷める

 

1 キャベツの葉をちぎり、事前にゆでておきます

 

2 ゆであがったキャベツの葉はザルにあけ、お湯を切っておきます

 

豚肉を切る

 

3 鶏肉は半分に切り、そのうち半分の皮だけを料理に使います

 

4 玉ねぎは2センチ程度に切っておきます

 

フードプロセッサーで材料を混ぜる

 

5 フードプロセッサーで、玉ねぎ、3、野菜ジュース20cc、塩コショウを撹拌します

 

材料をキャベツにくるむ

 

6 2に5を置き、包みます

 

キャベツを煮る

 

7 鍋に6を入れ、水を入れて20分間中火で煮込みます
8 別の小鍋に、残ったジュース、コンソメ、水100ccを入れます
9 コンソメが溶けきるまで温めます

 

ロールキャベツ完成

 

8 7に9をかけて完成です!

 

こんな味に仕上がります!

鶏肉を使うことで、とてもさっぱりした味わいに仕上がります。鶏肉と野菜ジュースの風味のおかげで、甘すぎず、適度な酸味がある夏向きのレシピになるのが特徴です。

 

カゴメの野菜ジュースは非常に濃厚なのですが、鶏肉を使えば、そのコクという「メリット」はそのままに、しつこさから解放されることができます。

 

豚肉や牛肉とは違った、あっさりした風味はクセになりますよ!

 

応用編と注意点、代用方法

野菜ジュースのうちの8分の1をお肉に混ぜることによって、親和性を高めます。
塩コショウはお好みで大丈夫です。

 

キャベツがとても柔らかく扱いやすいということであれば、1と2の手順は必要ありません。
お肉を処理して、そのまま巻くことができます。

 

キャベツの葉は、外側に近い部分を使うのがオススメです。硬さはありますが、サイズが大きいため、初心者さんでも、お肉を包むのに失敗しないからです。

 

ソースとロールキャベツを別々に分けて煮る一番大きな理由は、「見た目の美しさ」です。ソースで煮込んでしまうと、コンソメやジュースの澱がキャベツの表面に残ってしまい、外見を損ないます。

 

また、ソースの量だと、20分煮込み続けるのは難しいです。

 

ただし、「家で食べるから」ということであれば、水の量をもっと増やし、ロールキャベツとソースを一緒に煮込んでもよいでしょう。

※当サイトはリンクフリーです。
当記事がお役立ちいただけましたらツイッター等で紹介お願いします。
↓↓↓↓↓