赤ワインとトマト・野菜ジュースで煮込む、濃厚豚肉煮込み

トマト・野菜ジュースを使った料理の特集です。
ジュースは簡単に料理に合わせることができるのでぜひ試してみてください。

 

記事内で使われているジュースはカゴメの「毎日飲む野菜」です。

 

野菜ジュースの独特の甘みは、実はお肉ともとっても相性が良いのです。

 

また、野菜の成分がしっかり生きているので、
ワインなどのように「濃い」食材とあわせることで、デミグラスソースのような味わいになることも!

 

ここでは、野菜ジュースのそんな利点を生かし、高級感あふれる豚肉煮込みを作りました。

 

豚煮込み完成

 

材料と作り方
  • カゴメの「毎日飲む野菜」1缶
  • 豚カタ肉100グラム
  • 玉ねぎ1/2
  • ジャガイモ1/2
  • 赤ワイン100cc
  • お好みでコショウ

 

豚肉

 

1 材料を切ります

 

トマトにジュースを加える

 

2 あらかじめ、赤ワインと野菜ジュースは合わせておきます。軽く混ぜておくとベスト

 

トマトと豚肉を煮込む

 

3 1も2も、すべてを鍋の中に入れます
4 一番弱火で煮込み始めます。途中で水分が足りなくなったら、その都度水を足します。
5 そのまま1時間以上煮込みます

 

トマトジュースと豚肉の煮込み完成

 

6 完成です!

こんな味に仕上がります!

赤ワイン煮込みだけが持つ濃厚な味わいが味わえます。

 

しかしながら、豚肉を大きく切ったことと、野菜ジュースの風味が生きていることから、べったりとした雰囲気にはなりません。
赤ワインやチーズとの相性がいいのですが、オムライスに乗せても非常においしくいただけます。

 

応用編と注意点、代用方法

このメニューは、とにかく「きちんと煮込むこと」がキーです。

 

上記では1時間としていますが、3時間4時間、シャトルシェフのような器材があれば、丸1日煮込んでもいいくらいです。
最低でも30分の煮込み時間は確保しましょう。そうしないと、赤ワインのアルコールくささがそのまま料理に残り、とても酒臭い味になってしまいます。

 

ここではジャガイモの皮はむいていませんが、お好みにあわせるとよいでしょう。
新ジャガの場合は、必ず皮付きのまま調理します。

 

人参などを入れてもおいしいです。また、お肉は、牛肉や鶏肉でも応用できます。ちょっと変わったところでは、羊肉などを採用してもおいしいでしょう。

※当サイトはリンクフリーです。
当記事がお役立ちいただけましたらツイッター等で紹介お願いします。
↓↓↓↓↓